『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』が、2020年3月に日生劇場で上演決定の発表がされた。

同作は『オペラ座の怪人』『キャッツ』など数々の傑作を生み出した“ミュージカル界の巨匠”アンドリュー・ロイド=ウェバーの作品である。

今作のヒロイン“スワロー”を、乃木坂49・生田絵梨花、男(ザ・マン)を、三浦春馬さんが演じることがわかった。日本初演版では、白井晃が演出を手がける!

物語の舞台は、1959年のアメリカ・ルイジアナ。

母を亡くし、父や弟妹と暮らすスワローは、納屋に身を潜めていた脱獄犯のザ・マンをイエス・キリストの生まれ変わりだと信じ込んでしまう。

母を亡くした悲しみに沈むスワローが望む唯一のクリスマスプレゼントは、“クリスマスに死んだ母にもう一度会いたい”という願い。

その願いを打ち明けられたザ・マンは、自分の本性を打ち明けることができず、キリストとして過ごすことになるのだが・・・。

ヒロインを演じる生田絵梨花さんは、

「音楽を全編聴き、美しいメロディに心揺さぶられました。この作品がどのように作られていくのか今からとても楽しみです。演出家の白井晃さん、三浦春馬さんから沢山吸収させていただきながら、皆さまの心にお届けできるよう精一杯務めます。」

引用:乃木坂46生田絵梨花、ロイド=ウェバーの傑作ミュージカルで三浦春馬と共演|【音楽ナタリー】

と、コメント。

「アンドリュー・ロイド=ウェバーの作品に挑戦させて貰える機会をもらえた事に喜びを隠せません。
ずっと仕事をさせてもらいたかった白井晃さん、生田絵梨花さんから沢山の事を学べるこの舞台を丁寧に創り上げ、
より多くの方にミュージカルを身近に感じ、劇場に足を運ぶ1つのきっかけになるよう頑張っていきたいと思います!」

引用:乃木坂46生田絵梨花、ロイド=ウェバーの傑作ミュージカルで三浦春馬と共演|【音楽ナタリー】

とコメントをする三浦春馬さん。

2020年の上演まで楽しみである。

 

 

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:乃木坂46生田絵梨花、ロイド=ウェバーの傑作ミュージカルで三浦春馬と共演
参照:YouTube(乃木坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL)
本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ