世界一有名な音楽賞といっても過言ではない『グラミー賞』。洋楽に詳しくない人でも名前くらいは聞いたことがあるだろう。

そんな『第61回グラミー賞』にてとある楽曲が4冠の快挙を成し遂げたのだが、そのMVがかなりメッセージ性が強く凄惨な内容だと話題になっているのだ。

※ショッキングな内容が含まれているため、苦手な方は閲覧注意。

 

 
画像出典:YouTube(Donald Glover)

 
画像出典:YouTube(Donald Glover)

 
画像出典:YouTube(Donald Glover)

 
画像出典:YouTube(Donald Glover)

最優秀短編ミュージックビデオ賞を含む4冠を達成したのは、チャイルディッシュ・ガンビーノさん(動画投稿チャンネルである俳優ドナルド・グローヴァーさんと同一人物)の『This is America』だ。

こちらのMVは日本の映像作家であるヒロ・ムライさんが手がけている。

明るく陽気な音楽が鳴り響いたかと思えば、凄惨な銃殺シーンに変わり暗く重い曲調に。

実際に起きた事件をモチーフにしたシーンに、その直後の暗い曲調の中でも陽気に踊る若者たち。そして『This is America(これがアメリカだ)』のフレーズには、強くハッキリとかつわかりやすいメッセージが込められている。

暴力や差別がはびこる現状に、問題から目を背ける風潮。そしてそれらを鮮明に表現しているこのMVは見る人によっては辛すぎる内容だ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Donald Glover)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ