2012年に日本で劇場公開され、『ムトゥ 踊るマハラジャ』のラジニカーント主演、製作費になんと37億円を投じたというインド映画『ロボット』。

天才発明家が自分を模して作り上げた人型ロボットが自我に目覚め、愛を知り、嫉妬を覚えて大暴れするSFアクション大作映画だ。

著名人のみならず世界中で人気を博したこの『ロボット』の続編がなんと公開されるという!

早速予告編を観てみよう!

 

 

そのパワフルさとクレイジーな表現にはまたもや度肝を抜かれそうな予感・・・!

続編では、人々が持つスマートフォンの集合体である飛行物体に対抗するため、バシー博士が博物館入りさせていたチッティを再び起動させることを決めるという内容から始まるのだという。

日本公開されることがとても待ち遠しい・・・!

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Dharma Productions)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ