歌手の吉幾三さん(66)がYouTubeに「TSUGARU」のMVを9月12日に配信しました。

吉さんと言えば出身地である「津軽」を題材とした曲が多く、かつては「俺ら東京さ行ぐだ」を大ヒットさせたことがあります。

今回配信された「TSUGARU」は津軽弁ラップとなっています。

しかし、その津軽弁ラップが話題となっています。

早速、お聴き下さい。
 

 
どうでしょうか、吉さんの軽快な津軽弁が全く分かりません。

これは通訳が欲しくなりますね。同じ日本語でここまで違うのか!
 


ネットの反応


・Youtube機能の日本語字幕(自動生成) 津軽弁に対応せず
・他県民はほぼ分からんから説明してくれ
・田舎のプレスリーもラップ歌う時代になったんだなぁ
・ただものじゃないわ
・津軽民だけど、耳だとわかるけど字幕読めば逆にわからない
 

ViRATES編集人
津軽の言葉をなめんじゃねえ!

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(TOKUMAJAPAN)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ