<第91回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)>往路/2日/東京-箱根間(5区107・5キロ)
 
第91回箱根駅伝は2日、21チームが参加し往路5区間が行われ、青山学院大学が5時間23分58秒で往路初優勝を飾った。
 
 
青学はエースの神野大地選手(3年)が5区で大活躍。
 
『山の神』と言われた伝説のランナー柏原(東洋大)の記録を塗り替え1時間16分15秒でゴールし、3代目『山の神』を襲名した。
 
神野選手は「夢じゃないかと思うぐらい、うれしい」と語ったという。
 
 
またこの快走で青学は2位以下に大きな差をつけた。
 

青山学院大学は明日(3日)の復路で初の総合優勝を目指す。

 


 


 
 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ