『時をかける少女』が連続ドラマ化される。

日本テレビ系列で7月から放送される予定で、黒島結菜さん(19)が主演を務め、Sexy Zoneの菊池風磨さん(21)も出演する。

この連ドラ化で「またアニメの実写化かよ」という声が上がっているというのだ。

このツイートに驚く人たちもいる。

『時をかける少女』のそもそもの原作は、筒井康隆さん(81)の小説だ。さらに実写版としては1983年に公開されて大ヒットした映画『時をかける少女』(大林宣彦監督)がある。

確かに何度も映像化されている作品なだけに混乱は起こりやすい。細田守監督のアニメ映画『時をかける少女』で声を担当していた仲里依紗さんが主演した実写映画版もある。

世代間ギャップと言えばそうなのか・・・。

 

画像出典:Amazon

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:シネマトゥデイ/「時をかける少女」黒島結菜&Sexy Zone菊池風磨で連続ドラマ化決定!
画像出典:Amazon/時をかける少女 通常版 [DVD]
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ