<大相撲秋場所13日目:逸ノ城○(はたき込み)●鶴竜>9月26日/東京・両国国技館
 
 

大相撲秋場所は13日目が行われ、新入幕の逸ノ城(いちのじょう、21)が横綱・鶴竜(かくりゅう、29)を破り、12勝1敗とした。
 
 
新入幕力士が横綱を破るのは73年秋場所の大錦以来で、41年ぶりの快挙。
 
 
逸ノ城は鶴竜との立合いではがっぷり四つに組みにはいかず変化(※相手をかわす奇襲的な戦法)したため、今後の成長につながるような勝ち方ではないが、白星は白星。
 
 
「新入幕力士優勝」という100年ぶりの快挙が一気に現実的になってきた。
 
 
逸ノ城は明日(14日目)、結びの一番で横綱白鵬と対戦。まさに世紀の一戦となる。
 
 
千秋楽(15日目)はあさっての日曜日。
 
 
まげも結っていない新人力士が頂点に立つという、100年ぶりの歴史的快挙を目にすることができるかもしれない。
 
 
逸ノ城○(はたき込み)●鶴竜








この記事に関するまとめ