国民的グループ、SMAPが今年12月31日をもって解散することが明らかになり、最大のヒットシングル『世界に一つだけの花』(2003年発売)の購買運動が再燃している。

大手通販サイト・Amazonの音楽部門の売れ筋ランキングでは、SMAP『世界に一つだけの花』が1位に浮上した。

 
画像出典:Amazon


 

購入ページではすでに品切れ状態となっている。入荷時期も未定のようだ。

カスタマーレビューには、SMAP解散を惜しむ声が数多く寄せられている。

また、大手CDショップでも『世界に一つだけの花』は同様の売り上げを見せている。

 


解散騒動が起きた1月から、ファンは『世界に一つだけの花』のCDを買うことで存続を訴えてきた。

現在も8月18日のリーダー・中居正広さん(43)誕生日を前後した購買強化週間中。

だが解散が決まった今、9月9日に迎えるデビュー25周年を祝うことが目的となった。

Twitterではハッシュタグ「#25周年に300万枚の花束を」を合言葉に、『世界に一つだけの花』のオリコン売り上げ集計300万枚突破を目指している。

集計300万枚を突破すればJ―POPのシングル初の快挙。解散を前に大きな記録を音楽界に残すことになる。

 


また、今月に入ってからは中居さんがキャスターを務めるTBS系リオ五輪中継のテーマ曲であるSMAP『ありがとう』(2006年発売)のシングルを買う動きが出ている。

インターネット上では「今までの“ありがとう”という気持ちで買った」という声もあり、今後も同様に購入するファンが増えるかもしれない。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:スポーツニッポン/SMAPファン「世界に一つだけの花」購買運動が再燃
参照・画像出典:サンケイスポーツ/SMAP解散にファン動く!CD購買運動再燃「このまま終わったらファン泣かせ」
参照・画像出典:Amazon/世界に一つだけの花
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ