芸人で怪談家でもある「ありがとう」というコンビの「ぁみ」さんとその仲間たちによる怪談シリーズ。

「ぁみ」さんが温泉旅館にまつわる怪談を披露。ご紹介させていただきます・・・。

 
———————————————————
 

温泉年旅館に男4人で泊まりに行った。

夕方に着いてせっかくだから、すぐに大浴場に向かった。

「ああ、これはええわ」と露天風呂に向かって行った。露天風呂は竹垣で囲ってあって緑が生い茂って、くつろげた。

部屋に戻って宴会を始めた。夜遅い時間になって、宴会も落ち着いてきたころ・・・。

露天風呂にもう1回入ってみようと、一人で大浴場に向かった。

大浴場の脱衣場には何もない。浴室にも誰もいない。「これは貸し切りだ!」と喜んで、露天風呂に向かった。

湯に浸かりリラックスしていると・・・鼻歌が聞こえてきた。

脱衣場何もなかったはずなのに。浴室も誰もいなかった。もしかして外から? 浴場の構造上そんなわけもない。

そのうち段々鼻歌が大きくなってくる。

聞き取れるようになってきた。

その鼻歌は「カゴメ、カゴメ♪」だった。

怖い、怖いと思っていると、真後ろから・・・。

「うしろのしょーめんだあーれっ」と大きな声が!

風呂を出て、着替えをして、すぐに部屋に戻った。

怯えながら、朝を待ち、始発で自宅に帰ってきた。

だが、自宅のシャワーを浴びているときに、さらなる悪夢が起こったのだった。

 

 

(文:木之下秀彦)
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ありがとうぁみ [怪談ぁみ語])
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ