巨大なワニ、クロコダイルの水槽を泳げるとしたら。夢みたいな話だが、現実に存在するのだ。

オーストラリア・ダーウィンの爬虫類動物園「クロコザウルス・コーブ」の中にある「Cage of Death」。直訳で、死の檻

 

画像出典:Crocosaurus Cove

透明に囲われた檻に入ってしまえば、周りを泳ぐクロコダイルとは板一枚を隔てただけ。まるで水遊びの途中でワニの住処に迷い込んでしまったかのような体感を得られるのだ。

 

画像出典:Daily Express

水で満たされた檻の中、呼吸もそろえてみたり。

 

画像出典:Daily Express

足元から、臨場感。

 

画像出典:Crocosaurus Cove

運が良ければ、目の前でその大きな口が開かれることだってある。

死ぬ寸前の恐怖を味わうのか、あるいは、獰猛なクロコダイルを手なずけた気分に浸るのか。一度入ってみないと分からない。

 

 

市街地の中心に位置する「死の檻」。訪れた観光客は数千人を数えている。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Crocosaurus Cove)
参照・画像出典:Daily Express/What a croc: Would you dare to SWIM with crocodiles in Australia?
参照・画像出典:Crocosaurus Cove/Cage of Death
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ