ベッドに腰を下ろして、体を揺すらすひとりの女性。
 
 
ささやかな声は、重なり重なり・・・。
 
 
やがて層になって転がり転がり・・・。
 
 
「アォ!」
 
 

 
 

これ、『The Way You Make Me Feel』マイケル・ジャクソンです。
 
 

 

彼女は自分の声を、その場でサンプリング。ループさせていって「音」をつくり、最後にはその上に生声でボーカルを重ね、一気に歌い上げる・・・。
 
 
体ひとつ!(と、サンプリング機材)の歌い手×奏者なのです。
 
 

 

だんだんきれいな声が音に、音が曲に、構築されていくのはとっても気持ちいい!
 
 

 
 

こちらは、マルーン5の『Payphone』をカバー。
 
 

 
 

彼女の名はKawehi。
 
 

最上のベッドミュージックでした!
 
 
※普段の音楽活動は、この手法に限りません。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
関連:Kawehiオフィシャルサイト
関連:Kawehi Facebook
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 








この記事に関するまとめ