今回ご紹介するのは、世界最高の英語辞典と呼ばれている“オックスフォード英語辞典”の知られざる誕生秘話を描いた映画『The Professor And The Madman』の予告動画。

『マッドマックス』シリーズや『リーサル・ウェポン』シリーズでおなじみのメル・ギブソン演じるジェームズ・マレー教授と、映画『ミスティック・リバー』でアカデミー主演男優賞を受賞したショーン・ペン演じる“通り魔”で殺人を犯し収監されたW・C・マイナー博士の、2人の男が編纂したとされるオックスフォード英語辞典を巡る実話を元にした内容なのだそう!

早速観てみよう!

 

 

オックスフォード英語辞典の編纂に深く関わった2人の男性について、サイモン・ウィンチェスターが記した驚くべき実話『博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話』を元に描かれている本作。

12世紀半ば以後の英語をすべて採録することを編集方針とし、1884年2月1日から編纂が開始され1928年4月19日にようやく全10巻の完全版が発行された、世界最高の英語辞典と称されているオックスフォード英語辞典。

この編纂のプロジェクトを進めるジェームズ・マレー教授に牢獄の中からOEDの編纂作業に協力していたというマイナー博士の存在があった、という驚きと謎に満ちた内容だ。

予告動画で描かれている数々の意味有りげなシーン、全て実話ベースという衝撃の事実に、本編がどんな内容なのか気になって仕方ない!

日本公開はまだ未定という残念なお知らせ・・・だが、いつか観れる日が来ることを信じていればきっとやってくるはず!

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Transmission Films)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ