2012年より放送がスタート、2017年の放送終了に至るまで高視聴率を記録し話題になったドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)。

天才外科医“大門未知子”を女優 米倉涼子さんが熱演、「私、失敗しないので」の決めゼリフとともに第5シリーズまで放送され人気を博した。

なんと2年ぶりに、新シリーズの放送が決定したという。

 

 

平均視聴率20%以上を叩き出し、一昨年に放送された前作の最終回も25.3%を記録。

米倉さんは女優として『ドクターX』の色がつきすぎることを良しとせず、続編に関して一時は「もうやらない!」とも言っていたそうだが、テレビ朝日が今年で開局60周年という記念イヤーでもあるため、米倉さんサイドと極秘裏で『ドクターX』の復活を粘り強く交渉し、遂に米倉さんも首を縦に振ったのだそう。

そして最終的に復活を決めた陰には、テレビ朝日から出された“破格の待遇”があったのだそうだ。

米倉さんの『ドクターX』のギャラはこれまでも女優トップクラスで、“1本500万円以上”といわれていたのだが、今回はさらにアップし“1本800万円以上”が提示されたのだという。

そしてドラマが放送される3カ月間で、なんと総額約1億円というまさに破格レベル!

こうした局の本気度に、さすがの米倉さんも断らないわけにはいかなかったようだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:(Superfly)
参照・画像出典:(【画像】「ドクターX」10月続編へ!米倉涼子ギャラは衝撃の1億円に (1枚目)| 女性自身)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ