ラグビーのワールド杯(イングランド大会)で日本代表は南アフリカに34-32で勝利! 日本代表の大金星に、世界でも興奮の声が聞こえている。

 

BBCが速報!

イギリスのBBCは「間違いなくラグビーワールドカップ史上最大の衝撃」だと速報を出した。

 

ハリポタ作者がツイート

『ハリー・ポッター』シリーズの作者であるJ.K.ローリングさんもツイート。「私にも、こんなストーリーは書けないわ!」とつぶやいている。

 

現地のイギリス人サポーター

日本勝利の瞬間、大興奮!

 

アイルランド人サポーター

狂喜乱舞状態に!

 

イギリスの大手ブックメーカー・ウィリアムヒルでは日本勝利の倍率は34倍、南ア勝利の倍率は「1倍」だった。

南アの勝利が確定的だと見られていたことが、この「1倍」という数字からも分かる。

では、なぜ日本代表はこれほどの奇跡を起こせたのだろうか?

いくつか要因が考えられるだろうが、時事通信によると世界一と言われる「練習量」と「データ分析」が挙げられるようだ。

 

1日4度の練習

・基本的には1日4度で、その内容は短時間ながら強度が高い。
午前6時 ウエートトレーニング
午前練習
午後ウエートトレーニング
午後 全体練習

 

緻密なデータ分析

・練習グラウンドにはビデオ撮影スタッフが複数人いる
・GPS(全地球測位システム)で走行距離を計測
・小型無人機「ドローン」を練習グラウンドに飛ばして、練習全体の動きを撮影
 

確かに日本代表の勝利は、奇跡と呼べるものだろう。

だが、その奇跡を起こした背景には、日本代表による緻密なトレーニングがあったと言える。

日本代表の次の試合は23日、世界ランキング10位のスコットランドと対戦する。日本代表の快進撃に期待したい。

 


 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:時事通信/「世界一」の練習量でW杯へ=データ化で効率上げる-ラグビー日本代表
参照:サンスポ/南アの勝利「確定的」…日本勝利のオッズは「34倍」
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ