不定期にお届けする企画、“地上波では絶対流せない”映画。

ホラーやスプラッター映画が幼少期から大好きな女性・胃袋ちゃん(@jan_makomajer)から、今回もヤバい映画を1本紹介してもらった。

以下、胃袋ちゃんの映画紹介第4回目、ごゆるりとお楽しみくださいませ・・・。

 

▲胃袋ちゃん(安心してください元気です)

じめじめじめ〜の季節ですね。本格的な夏に入れば、カラッカラに干からびたミミズさん達があちらこちらに。そして、時々降られる雨に流されドロドロになり、また土に還ります。風物詩にしても違和感ないではないかと思う程、たくさん見かけますよね。

今回は、そんなミミズさんたちが主役の生物系パニック映画です!

 
『ミミック』や『蝿男の恐怖』を差し置いて、虫映画の中では最恐の・・・

『スクワーム』


画像出典:Amazon/スクワーム

あらすじ:ジョージア州の田舎町で前代未聞の集中豪雨が発生。その暴風のせいで切断されていた送電線が地表に落下したことから、大量の電気が地中へと放電されていく。一夜明け、ニューヨークから恋人が訪ねてきたミックはゴカイの大群に遭遇。ゴカイたちは何かに突き動かされるように、人間を襲い、町を飲み込んでゆくのだった・・・。(Amazonより引用)

 
※ミミズ好きな人は映画のお供にポップコーンではなく、大量のヒモQ(グミ)やスパゲティ(ナポリタンやミートソース系が◎)をお勧めします!

この映画では「ミミズ」ではなく、「ゴカイ」と言われています。

ちなみに撮影に使ったゴカイはなんと8000万匹らしいです・・・もし本当だとしたら役者さん達は相当、体張ってます。

だってゴカイの海で溺れ、口に入り込むのは当たり前、人間の皮膚を喰いちぎり、ゴカイたちが体内を這いまわるんですもの!(ただ、ここら辺は特殊メイクだと思います。本物と造物を混ぜて演出しているみたいなので8000万匹は嘘かと。笑)

とにかくそのゴカイちゃんたちが、まあ〜〜〜リアル!  背筋のゾクゾクが止まりません。インパクトがありすぎてストーリーを忘れちゃいそうになりました。。。

 
画像出典:Amazon/ミミズバーガー 【テッド V.マイクルズ・ムービーズ・コレクション】

これは余談ですが、『ミミズバーガー』というB級映画では本当にミミズちゃんをモグモグしてました。(某有名ファストフード店のバーガーのミートに、ミミズが混じってるという都市伝説がながれた原因はこれじゃないかとも言われています)

さあ、夏本番を前に、是非とも“彼ら”が生き生きとウニョニョニョ〜と活躍しているこの映画を、友達、恋人、家族で「ぎゃあ〜〜」って騒ぎ戯れながら見てもらいたいです。

ただし、観るかどうかは自己責任で・・・。

 

文提供:胃袋ちゃん Twitter(@jan_makomajer

参照・画像出典:Amazon/スクワーム [DVD]
参照・画像出典:Amazon/ミミズバーガー 【テッド V.マイクルズ・ムービーズ・コレクション】




この記事に関するまとめ