空知英秋さん原作の漫画『銀魂』が実写映画化される。

 



『銀魂』は2004年より週刊少年ジャンプで連載開始。単行本発行部数は5000万部を超える人気コミックだ。

これまでにも、テレビアニメ・劇場アニメ化されてきたが、いよいよの実写映画化となった。

さらに話題となっているのが「公式サイトのトップページ」

なんと、ページデザインが開く度に変わる仕様になるのだ。

 
画像出典:映画『銀魂』公式サイトハリウッド映画風

 
 
画像出典:映画『銀魂』公式サイトインターネット黎明期風

 
 
画像出典:映画『銀魂』公式サイト3Dを匂わすデザイン?

 
 
画像出典:映画『銀魂』公式サイト濃密なヒューマンドラマ映画でありがちなヤツ

 
 
画像出典:映画『銀魂』公式サイトシンプルな原作ロゴデザイン

 
他にもいろいろなバージョンがあるようだ。

制作サイドの本気度がヒシヒシと伝わって来るが、『銀魂』原作者の空知先生はというと・・・。

 


全員一緒に死んでもらう! としながらも、『勇者ヨシヒコ』シリーズを手がけた福田雄一監督や主演の俳優・小栗旬さんへの並々ならぬ思いを持って、楽しみにしているようだ。

泥舟なのか!? コケるのか!? 2017年の劇場公開を待ちたい。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:映画『銀魂』公式サイト
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ