世界で初めての“うんこ”をテーマにした新感覚のアミューズメント空間「うんこミュージアム YOKOHAMA」が7月15日(月)までの期間限定でオープンしています。

今までに無いまったく新しい体験ができるという「うんこミュージアム 」。果たしてどんな空間が広がっているのでしょうか?施設のみどころや注目のグッズなど、詳しくご紹介します。


「うんこミュージアム YOKOHAMA」とは?


「うんこミュージアム YOKOHAMA」は、その名の通り“うんこ”をテーマにした世界で初めてのユニークなアミューズメント空間。2019年3月15日(金)、横浜駅の東口に直結した複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」2Fにオープンしました。

館内は4つのエリアに分かれており、個性的な空間の中で「ウンターテインメントコンテンツ」を体感することが可能。ただ遊ぶだけでなく実際に触ったり撮影したりできるので、楽しみながら学ぶことができるのです。


ミュージアムのある「横浜アソビル」ってどんなところ?


「うんこミュージアム YOKOHAMA」は、複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」の2Fに常設されている体験イベントフロア「ALE-BOX」内にあります。

アソビルとは「遊べる駅近ビル」をテーマに作られた、複合体験エンターテインメントビル。2019年3月15日(金)にオープンした施設で、横浜駅のみなみ東口通路に直結しているためアクセスも抜群です。

アソビル内には、横浜の食と音楽を楽しめるグルメストリート「横浜駅東口POST STREET」や日本最大級のものづくりワークショップスペース「MONOTORY」など、フロアごとに個性のまったく異なったエリアが広がっており、世界中から厳選されたエンタメ体験を提供しています。

大人はもちろん子供まで家族みんなでワクワクできる、横浜の新しい観光スポットとして注目を集めています。
出典:アソビル


ミュージアム内は4つの空間で構成!


入り口を入ってまず迎えてくれるのは、なんとカラフルな6つの便器。来場者はそこに座ってから、中にあるかわいい「うんこ」を持ってミュージアムの奥へと進んで行きます。

「うんこミュージアム」は、それぞれ個性豊かなコンセプトで作られた4つの空間で構成されています。

うんこ広場

出典:うんこミュージアム

ミュージアムの真ん中にあるのは、大人の背丈を優に超えるほど巨大なうんこ型のオブジェ「ウンコ・ボルケーノ」。周りはボールプールで囲まれており、子供たちが自由に遊びまわれるスペースになっています。

ウンコ・ボルケーノからはなんと、定期的にうんこが噴火!カウントダウンの合図とともに、オブジェの先端からうんこ(ボール)が噴き出してくるのです。

ウンスタジェニック エリア

出典:うんこミュージアム

カラフルでおしゃれな空間が広がる「ウンスタジェニック エリア」は、普通のSNS映えでは満足できなくなってしまった人たちのために、人とは違う一風変わった写真を撮ることができるエリア。

カラフルでキラキラと輝くうんこや、宙に浮かんだパステルカラーのかわいいうんこなど、SNS映え間違いなしのフォトジェニックなうんこたちがいっぱいです。

ウンテリジェンス エリア

出典:うんこミュージアム

「ウンテリジェンス エリア」は、うんこについて学ぶことのできるアカデミックな空間。著名人が描いたうんこを鑑賞できるスペースや、自分だけのうんこを描くことができるスペースも!

さらに、世界のうんこの歴史やうんこ関連グッズを鑑賞できるスペースなど、見る人の知的好奇心を刺激してくれる学びの空間となっています。

ウンタラクティブ エリア

出典:うんこミュージアム

実際にうんこと戯れながら、様々なゲームを体感することのできる「ウンタラクティブ エリア」。地面に映写されたうんこを足で踏みつけるゲームや、レトロなクソゲーなど、子供だけでなく大人も童心に返って楽しむことができます。


「うんこミュージアム」の守り神「ウンベルト」とは?


ここ「うんこミュージアム」を守ってくれているのが、「ウンベルト」という真っ白なうんこのキャラクター。普段は便座の上で宇宙の真理について考えているという、哲学者でもあるんだそうです。

出典:うんこミュージアム

そんな守り神のウンベルトですが、実は腰痛持ち。あまり活動できないため、ウンベルトが生み出したミニうんこたちが「うんこミュージアム」の安全を守ってくれているとのこと。

ウンベルトはミュージアムにも時々訪れているようです。ぜひ探してみて下さいね。


ここでしか買えないグッズも


「うんこミュージアム」の出口付近にある「UNKO ブティック Poo」では、ここでしか買うことのできないオリジナルグッズを販売しています。

ウンベルトがパッケージにデザインされたペットボトル入りの緑茶「UNKO GREEN TEA」や、うんこがモチーフになったカラフルでおしゃれなピアスや指輪、さらには文房具まで豊富なラインナップ。来場の記念に、そしてお土産にも喜ばれるアイテムがいっぱいです。


まとめ


今まで体験したことのない新しい世界に触れることができる“うんこ”をテーマにアミューズメント空間「うんこミュージアム YOKOHAMA」。人気イベントのため、事前に「ALE-BOX」のチケットサイトや各種プレイガイドで予約してからの来場をおすすめします。


イベント基本情報


会場 横浜アソビル「ALE-BOX」
住所 神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル2F
開催日時 月〜木11:00~20:00 / 金土日・祝前・祝日10:00~21:00(時間指定入場制)
チケット https://reserve.ale-box.com/reserve/126
公式サイト https://ale-box.com/unkomuseum/
料金 大人(中学生以上)1,600円(税込)/ 子供(小学生以上)900円(税込)/ 小学生未満無料
ツイッター @unko_museum2019




(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:うんこミュージアム
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ