モハメド・アリと並んで最強のボクサーとして名を連ねるマイク・タイソン。

身長180cmとヘビー級の中では小柄だったが、桁外れのパンチ力とスピードで多くの巨漢ボクサーをリングに沈めていった。

幼少期よりその強さの片鱗を見せており、13歳でアマチュアボクシングのキャリアをスタート。

そんなマイク・タイソンが15歳のときに行ったアマチュアボクシングの試合動画をご紹介しよう。

動画の説明欄には、「1981年6月27日に行った、マイク・タイソンvsジョー・コルテスの試合」とある。

 

 

早すぎて何がなんだかわからない!?

そして、以下は同時期の練習中の風景だ。
 

 

すごいスピード!! とても、15歳とは思えない・・・。

さらには、マイク・タイソン現役時代のベストノックアウト10試合をおさめた動画がこちらだ。

 

 

最強であり最凶!
 

画像出典:Amazon/真相—マイク・タイソン自伝

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:YouTube(will41981)
参照:YouTube(Sport Channel)
参照:YouTube(ElTerribleProduction)
画像出典:Amazon/真相—マイク・タイソン自伝
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ