今月25日に放送されたフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』で、ちょうど27年前の4月25日に26歳という若さでこの世を去った伝説のロック歌手・尾崎豊さんを特集した。

18歳でデビューしてから亡くなるまでの9年間で71曲の楽曲を残し、シングル・アルバムの累計売上枚数は1000万枚超え、“10代の教祖”“若者のカリスマ”と呼ばれた尾崎さんの素顔に迫った。

 
画像出典:Amazon/| ALL TIME BEST | 尾崎豊 |

 

番組内でMCの坂上忍さんは、今も渋谷に残る“尾崎豊記念碑”を訪問した後、尾崎さんを世に送り出し、亡くなるまで支え続けた音楽プロデューサー・須藤晃氏のもとへ向かい、尾崎さんの創作ノートを特別に公開してもらい、デビュー曲『15の夜』の歌詞がどのような変遷をたどって完成にいたったのか、尾崎さんとの知られざるやりとりなどを明かした。

また、尾崎さんの母校で中学時代の親友にインタビューも敢行し、『15の夜』誕生の裏にあった中学校生活での実体験も明らかになった。

短くも強烈な人生を送った天才ロック歌手・尾崎豊さんに実に27年ぶりの時を経て迫った番組となった。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:尾崎豊さん急逝から27年 最初で最後のテレビ生出演映像を公開 | ORICON NEWS
参照・画像出典:Amazon | ALL TIME BEST | 尾崎豊 | J-POP | 音楽
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ