元『FUNKY MONKEY BABYS』のファンキー加藤が5月13日放送の日本テレビ系『しゃべくり007』(月曜後10・00)に出演した。

週刊誌スクープによるスキャンダルが発覚し16年から3年ぶりのバラエティで加藤が私生活を明かした。

騒動が明るみになった当時はかなり落ち込んだといい、曲作りも「ラブソングは一切なくなりました。いくつかラブソングにも挑戦したんですが(自分自身で)“どの口が言ってんだよ”って…。つじつまが合わねえよって。すぐに応援ソングに(変わった)」と明かした。

番組ではファンモン時代を『絶頂期』、騒動以降を『低迷期』として私生活の変化を紹介。絶頂期はベンツGLに乗っていたが、今は電動アシスト自転車を使っている。

当時は家から一歩も出たくない状態だったという。外に出ずに家で生活ができるようにとネット環境を整えることから始めたという。

今まで映画は外に借りに行ってたが、配信で見られるようにし、買い物は通販、食事もUberEats(ウーバーイーツ)に変更した。

ファンキー加藤は16年にアンタッチャブル柴田の元妻を妊娠させスキャンダルが発覚した。

その後、柴田夫婦は離婚。加藤は妻とは離婚しない意向になった。

ファンモンのメンバーと話をしたかと聞かれると、騒動後に謝ったといい「DJケミカルは“気にしないでください”と。モン吉からは“バカだなあ。しっかりしろよ”って」コメントした。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:ファンキー加藤、騒動後の私生活の変化明かす「ベンツはサヨナラ」ラブソング「なくなった」

(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ