ラグビーW杯イングランド大会の決勝で、優勝したニュージーランドの選手たちがピッチを歩いている。そこに、一人の少年が警備員に押し倒されながらピッチに乱入してしまった!

選手のイケメンすぎる対応をご覧いただきたい。

 

 

ニュージーランド代表のソニー・ビル・ウィリアムズ選手(30)は、その少年を抱え上げ、一緒にピッチを歩き始めたのだ。

そればかりではなく、自分の優勝メダルを少年に渡してあげるという神対応。これには、少年も信じられない様子。

こちらは優勝時の選手たちによる歓喜のハカ(伝統ダンス)。

 

 
イケメンだわ!
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(don manage)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ