2019年3月4日、がんのため闘病中だった音楽プロデューサーの松原裕さんが、39歳という若さで亡くなった。

闘病中は、SNSで発信し続けた松原さん。その前向きに生きる姿に、どれだけ勇気をもらったのだろうか。

松原裕さんは、関西を中心にライブハウスの主宰や企画運営など、多方面での活躍。

代表を務めていたライブハウス『MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎』では、多くのアーティストの活動を支えた。

『MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎』公式Twitterでは、「かねてより病気療養中の弊社代表取締役社長 松原裕が平成31年4月4日享年39歳にて永眠致しました。ここに生前のご厚誼に感謝致しますとともに、謹んでお知らせ申し上げます。」と伝えた。

 


 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:音楽プロデューサー・松原裕さん死去 39歳 がんで闘病
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ