ディズニー実写映画『アラジン』のプレミアム吹替版に“アラジン役”として中村倫也さん、“ジャスミン役”には木下晴香さんが決定した。

 

1992年に公開されたアニメ版では、砂漠の王国アグラバーに暮らす青年アラジンと、王宮を抜け出したジャスミン王女の恋と冒険が描かれた。

魔法の絨毯に乗りながら『ホール・ニュー・ワールド』を歌う姿は、本当にロマンチックだ。

 

 

世界中で愛されているディズニー作品。

2人はどんな魔法をかけてくれたのだろうか?

ネットでは「ジャスミンをやるなら絶対晴香ちゃんがいいって思い続けていました!」「ディズニー作品の中でも一二を争う大好きなアラジンを大好きな殿が吹替されるなんて、贅沢だなぁと思います」「公開がとても楽しみです」などのコメントが寄せられている。

『アラジン』は、2019年6月7日に全国公開!

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:映画ナタリー
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ