TBS系『ドッキリ映像SP 芸能人史上最悪の1日』が5月30日に放送された。

この番組では、タイトル通り“ドッキリ”を仕掛ける番組なのだが、番組の大トリとして登場した“オードリー春日”に仕掛けられたドッキリに批判の声が集まっている。

長期間春日さんを騙したことに嫌悪感を示す声や、ヤラセなのでは?と指摘する声もある。

 

 

内容は、オファーをもとにハリウッドのゴジラ映画への出演オーディションを受けさせ、正式オファーを受けて発表記者会見に参加するまでを長期密着するというドッキリ。

仕掛け人も豪華で、アメリカで活躍する渡辺謙からビデオメッセージが寄せられたり、原監督が体力測定の熱血指導をしたりなど。

春日さんの一生懸命な姿に、視聴者からは「本人が頑張ってやってんのに、それをスタジオで皆で笑うのは人間としてどうかと思うんだけど」「水曜日のダウンタウンで鍛えられ過ぎてこんなドッキリ既に気付いてそう」「何週間… ヘタすれば何カ月もかけてその人の人生に関わるようなドッキリを仕組むヤツ見ると、胸糞悪くなる」などの声が寄せられた。

いくらドッキリだとしても、“長期間のドッキリ”はかわいそうな気もする・・・。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:「胸糞悪くなる」オードリー春日への“長期ドッキリ”企画に批判続出
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ