『赤いきつねと、緑のたぬき♪』のCMでお馴染みの東洋水産株式会社が2019年5月7日、主力商品の“赤いきつね天うどん”と“緑のたぬき天そば”の両者を入れ替えたカップ麺“赤いたぬき天うどん”を数量限定で販売することを発表した。

全国のコンビニエンスストアなどで13日から発売され、価格は税抜き180円。

今回、この商品が誕生したきっかけとなったのは、全国の小売店などで実施した『赤』と『緑』の食べ比べイベントでのアンケート結果だ。

両商品の陣営は、それぞれ“マニフェスト”として『相手の得票数を上回ったら実現する公約』を掲げた。

その中で、赤いきつね陣営は、これまで緑のたぬきの『専売特許』だった天ぷらをうどんに乗せて『赤いたぬき』として発売すると約束していたのだ。

アンケートの結果、“緑のたぬき”は、2万4797票。それに対し、“赤いきつね”は2万9066票を獲得!

今回の“赤いきつね天うどん”が発売されることになったのだ。

一体どんな商品になっているのか、今から楽しみである。

画像出典:公式サイト/東洋水産株式会社

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:「赤いたぬき天うどん」 数量限定で販売 「公約」通り商品化 40年で初
画像出典:東洋水産株式会社
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ