タレントの滝沢カレンさん(27)は、独特の日本語センスで多くのバラエティ番組に出演しています。

その滝沢さんが自身のインスタグラムに綴った文章が独特で話題になっています。

余計な説明は不要。とにかく読んでみてください。
 

この投稿をInstagramで見る

みなさん、こんにちは本日は私が感動して止まらなかった日です。 この夏初めてわたしは、人間たちの夢をぎゅっと集めた最大の夢広場「鳥人間コンテスト」にただずっと座ってる人として出場していました ほんとにこれだけでも感謝感動の渦で仕方ないのですが、それ以上の人間の力強さ、夢への追いかけ、挑む場所や物、事は関係なくて、ただ素直で純粋が過ぎる一直線をこの目が悪い私にだって突き刺さり、心にザクッと一本もらいました。 「人間は空なんか飛べないよ」 こんな寂しく虚しい言葉ありますか? そして私は絶対違うといいたいと思います。 人間だからこそ、人間に生まれたからこそ、可能性はだれも止められないのですね。 進んでいるのは、人間そのものだったのです。 だからこそ、もう無理 や やめよう を決めれてしまうのもあきらかな人間であります。 こんな選択肢が無限に集まり、人は空を自力で飛ぶことを考えてるのです な、な、なんて素敵な考えなんだろう。と私は思いました そして、真っ青で嘘のない雲の下を、人間たちは夢以上の人間の進化にも関わることを私たちに必ず見せてくれました。 私が小さな石でつまずきかけてる時間、私がチーズを大量に何かにかけている時間、私が靴擦れでさりげなく悩んでいた時間、私が今日はちょっとお風呂の温度が熱いなと体を真っ赤にさせてる時間… 細々しすぎた自分が恥ずかしくて言えやしないです。 そんな時間にも、「鳥人間」に近づくべく、皆さまは空への期待、翼への信頼を一秒だって悔いのない一年を過ごしていたと思うと私は尊敬させてください汗の量、涙の数は一年以上分、いや年月なんかに変えられない感動をくださり、 目の奥にはしっかりとした夢が入っていました。 私がこの目で見たものは、 夢でも物語でも妄想でも絵でもなく、、 実現した世界だったのです🕊 私が飛んだわけでもありませんのに、頭からあの景色が忘れられません。 空と湖と人間の共演は、 ただただの美しさを越えた、極上無限階級格別想像外抜群ともいえる人間の知らない部分が映し出されています。 出場者の皆さま、 ほんとにありがとうございました。 私は力強さに全身引っ張られるほどの明日を感じました。 また私は可能性を知らない来年が今からもう楽しみに待っています。 これを見ずには、9月も出にくいと思います。 人間はまだまだ やめることを知らないです🕊 勇気と熱量と気合いをもらえた「鳥人間コンテスト」を絶対みてください。 日本テレビさんにて夜19:00から、 皆さまへ凄まじい映像流れますのでびっくりのご準備、心が震える想像をしてから見てください

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

 


ネットの反応


・感動した!
・絶対にいい人(確信)
・グーグル先生感強すぎて頭に入ってこない
・演じてるにしてもこのレベルに到達できる人は少ないはず
・新しい日本語のスタイルで今現在の日本が彼女に追いついてないのかもしれない
 

ViRATES編集人
なんかいい。

 
関連:滝沢カレンInstagram

※本記事内のInstagram画像につきましては、Instagramの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ