アーティストのDAOKOとMIYAVIがコラボすることが決定した。

若者から絶大の人気を得ている2人。

『千客万来』は2019年7月3日からデジタル配信でリリースを予定している。

ちなみにこの楽曲は、蜷川実花7月5日公開の映画『Diner ダイナー』の主題歌としても決定している。

さらなる注目を注目を集めることだろう。


 

『DAOKO』

1997 年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。イノセンスな歌声と、象徴的な映像で様々なクリエイターを魅了し続ける。15歳の時にニコニコ動画に投稿した楽曲で世界中から注目を集め、2015 年メジャーデビュー。2017 年、映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』主題歌に、米津玄師プロデュースによるDAOKO × 米津玄師「打上花火」が決定。

『MIYAVI』

アーティスト / ギタリスト

エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”でギタリストとして世界中から注目を集め、これまでに約30カ国350公演以上のライブと共に、7度のワールドツアーを成功させている。

 


 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:映画『Diner ダイナー』オフィシャルサイト
 








この記事に関するまとめ