まずはこちらの画像をご覧ください。

 

横に伸びた1本の線に対して、左右対称の斜めの線が入っています。

さて、ここで問題です!

上図と下図のどちらの横線が長いでしょう?

「どう考えても下図でしょう」と即答したあなた!

正解は・・・。








 

 

両方同じ長さ!!

本当かどうか疑う方は、定規を当てて長さを測ってみましょう。

実はこの画像、「ミュラー・リヤー錯視」という目の錯覚現象を利用したトリックアート。

尚、この錯視現象は今から120年以上も前に解明されているそうだ。

 

【関連記事】
【錯視画像】あなたは何色か分かりますか?








この記事に関するまとめ