1976年に公開され、世界的な大ヒットを記録した名作映画『ロッキー』

シルヴェスター・スタローン演じる三流ボクサー“ロッキー・バルボア”が、アメリカンドリームを掴み取る姿は、世界中の観客を熱中させた。

本作のなかでも、屋外の階段をメインテーマ「ロッキーのテーマ」に合わせて、駆け上がるシーンが話題となり、ロケ地である“フィラデルフィア美術館正面玄関階段”は、実際に「ロッキー・ステップ」と呼ばれている。

しかし、このシーンからBGMを消すと何だか変な感じになっちゃうというのだ!?

 

 

ん!? なんだか様子がおかしいぞ!?

ロッキーの熱い闘志が感じにくいのもあるだろうが、力ない独り言が謎すぎる!

この独り言、どうやらファンが吹き込んだようだが・・・。
 

実際の映画シーンはこちら。

 

 

この曲を聴くだけで気持ちが高ぶってきそうだ。

フィラデルフィア美術館の階段を駆けのぼりガッツポーズをとるロッキーもかっこいい!!

BGMがどれだけ映像に影響を与えるかがよくわかる動画だった。
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Mix Minus)
参照・画像出典:YouTube(TheNewRiflemanBob)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ