2019年春販売の『週刊少年ジャンプ』より、大人気忍者漫画『NARUTO –ナルト-』の著者・岸本斉史氏が原作を務める新連載が始まることが決定した!

タイトルは『サムライ8 八丸伝』

早速、予告編をご覧頂こう!

 

 


画像出典:YouTube(shonenjumpofficial)
 

画像出典:YouTube(shonenjumpofficial)
 

画像出典:YouTube(shonenjumpofficial)
 

今作は、『NARUTOーナルトー』の職場でアシスタント経験を経た大久保彰が作画を担当する。

12月23日に行われた「ジャンプフェスタ2019」のジャンプスーパーステージにて岸本先生はこう語った。

「ジャンプフェスタにお越しの皆様寒い中ありがとうございます !
お久しぶりの方も初めての方もこんにちは、岸本斉史です。
新作やります。ぼくは和モノが好きです。その文化や装飾にワクワクします。
そしてSFモノが好きです。そのギミックや設定にワクワクします。
なのでこの好きなの2つを混ぜちゃって作品を描く事にしました。
僕の魂の叫びを最後に聞いて下さい、皆様。
NARUTOより面白くするのに必死!! お楽しみに! 岸本斉史」

この意気込みに会場からは、歓声が上がったようだ。

この動画を見た視聴者から「岸本先生の作品がまたジャンプで読めるなんて・・・!!!!」「死ぬほど面白そう」「忍者の次は侍か、また海外人気が高まりそう」などのコメントが寄せられている。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(shonenjumpofficial)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ