ドイツの名門クラブのバイエルン・ミュンヘンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル選手が決めたゴールが話題になっている。

ビダル選手が自身の公式インスタグラム(@kingarturo23oficial)にて練習中に見せたを華麗なゴールを公開し、SNSユーザーからは『素晴らしいゴール』、『不可能なゴール』と称賛されている。

動画は、ビダル選手がコーナーフラッグ付近に立っているところから映し出され、本人のもとへとボールが転がってくる。

果たしてどんなゴールが生まれたのか!!

噂の動画はコチラ!
 

🤴🏽🤴🏽🤴🏽🤴🏽😉😉🇨🇱🇨🇱🇨🇱🇨🇱

Arturo Vidalさん(@kingarturo23oficial)がシェアした投稿 –


 

 

 
まさかの角度マイナスの位置からのラボーナ!!

アメイジングすぎて言葉にならない。。

そんなビダル選手の母国チリ代表は、今年行われるW杯の出場権獲得を逃している。

そんな状況を受けてネットユーザーからは、『世界の舞台でこのプレーがみたかった』などのコメントが多く挙がった。

たしかに、こんな選手が多数在籍しているチリ代表を4年に一度の舞台でみられないなんて。。

 
※本記事内のInstagram画像につきましては、Instagramの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ