サッカー日本代表の長友佑都選手(29)が、セリエA・インテルとの契約を2019年6月末まで更新した。

4月8日、ミラノ郊外の練習場で記者会見が行われたのだが、そのときに衝撃的なことが起こった。

なんと長友選手が日本語をド忘れしたのだ・・・。

長友選手は日本語で話していたが、「今だから話をできますけど、もう何ヶ月も前に僕らは・・・」の後が続かない。

「日本語で何て言うんだろ?」と思わずつぶやく長友選手。

そして流暢なイタリア語で「僕たちは合意していました」と話し、「日本語を忘れてしまったよ!」とこれまたイタリア語で会場の爆笑を誘っていた。

長友選手、もはやイタリア人化している!? カッコいい!

 
DRIVE INTER 2013 14 PUNTATA 19 NAGATOMO

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ