日本でも大ヒットを記録している映画『ボヘミアン・ラプソディ』。

本作の中で一番重要な役どころである故フレディ・マーキュリーを演じた俳優ラミ・マレック。

彼はいかにして、あそこまでフレディになりきれたのか。ラミ・マレックさんのこだわりが垣間見えるメイキング動画がこちらだ。

 

 
画像出典:YouTube(moviecollectionjp)

 
画像出典:YouTube(moviecollectionjp)

 
画像出典:YouTube(moviecollectionjp)

 
画像出典:YouTube(moviecollectionjp)

本作のように、実在した人物を再現するという映画は役者にも相当なプレッシャーを強いるだろう。

それも全世界に愛されているクイーンというバンドのボーカルならばなおさらだ。

にも関わらず『こんなのフレディじゃない!』などといった批判の意見は見受けられず世界中で大絶賛の嵐。なぜこれほどまでにフレディを忠実に再現できたのだろうか。

そこには俳優ラミ・マレックさんのこだわりと努力があった。

「演じているのではなく『生きている』」「そこにラミはいない」と周りに言わしめるほどに細かくこだわり抜かれた演技で全世界を魅了した。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』も、こんなにこだわり抜かれるまでに愛されているフレディ・マーキュリーも、今後も長く世界から愛され続けることだろう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(moviecollectionjp)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ