ラグビー日本代表がワールドカップ・イングランド大会にて躍動している。

ここでラグビーのルールを、「インコ」で確認してみよう!

 


 


 



 

【ラグビーのポジションと役割】
※ラグビーはボールを後ろにしか投げられないので、うしろ外側にパスしながら前進します。
 
・背番号1と3はプロップ 、ひたすら押す。すもうとり型。
 
・2はフッカー。ボールを足でかきとる。
 
・6と7はフランカー。なんでもやる。
 
・4と5はロック。ラインアウトのときにボールをとる。背が高い。
 
・8はナンバーエイト。攻守のかなめ背が高く、がっちりしている。キャプテンが多い。
 
・9はスクラムハーフ。密集の中からボールをとりだし、左右にふりわける。小さい人が多い。
 
・10はスタンドオフ。ゴールキックをする。キックが上手、ゲームメーカー。
 
・12と13はセンター。ボールを運ぶ、ぶつかられても倒れない、丈夫な人、足が速い。
 
・11と14はウイング。トライをとる、足が速い。
 
・15はフルバック。高いボールをとるのがうまい。ロングキックが正確。
 

これで応援もばっちり!

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ