届くのは、別な意味の“プレゼント”?

アメリカの人気テレビ番組『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』のミニコーナーにて映画『スターウォーズEP1』や『96時間』でお馴染みの実力派俳優、リーアム・ニーソンさんが“サンタクロース役”に挑戦!

すでに本人が60歳を超えているだけあって、格好自体はかなり様になっているのだが・・・?

 

 

この喋り方じゃ殺し屋だよ!

「寝るとき起きるとき、いつも見守っているよー」といったそれ自体はサンタさんが喋りそうなセリフも、低音かつドスの効いた彼の声によって、一瞬で犯人がターゲットを脅迫するときに使う言い回しの雰囲気に。

途中からは、“監督”もさすがに修正してくれとお願いするのだが、ニーアムさんは一歩も譲らない。ついには「KILL YOU」といった物騒すぎるワードまで飛び出す始末である。

彼の脳内に確立しているサンタ像は、いったいどのような存在なのだろうか・・・。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(The Late Show with Stephen Colbert)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ