人気コミック『進撃の巨人』の世界観を再現したウォークスルーアトラクションが、
 
来年1月、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで展開される。
 
 

 
 
『進撃の巨人・ザ・リアル』と題されたこのアトラクションでは、
 
15m級の等身大エレンと14m級の女型巨人が再現されており、ゲストはコミック内の調査兵団さながらに巨人と対峙することとなる。
 
 
また、巨人がエレンの母親を捕食するシーンも等身大で再現されているとのことで、あの恐怖の瞬間を体験できるだろう。
 
 

 
 
さらに、『クロノイド(Clone-oid)』という人類再生技術により生み出された、リヴァイ、ミカサ、アルミンも登場する。
 
 
クロノイドの技術により、皮膚や髪の毛、眼差しまでもがまるで生きているかのようなリアルさで再現されるという。
 
 

 

期間中ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、『調査兵団の遠征飯』(一般兵士用と兵士長用)といった食事や、調査兵団が身に付けている『調査兵団マント』、『立体機動装置ブレス』などの関連グッズの販売も行う予定だ。
 
 
 
ユニバーサルクールジャパン期間中には他に、
 
『エヴァンゲリオン』『バイオハザード』『モンスターハンター』に関するアトラクションも展開されており、進撃ファンならずとも足を運んでみたくなる催しが目白押しだ。
 
 
期間は2015年1月23日から5月10日まで。
 
 

 
 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:ユニバーサル・スタジオ・ジャパンオフィシャルサイト
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ