記事提供:オモプラッタ

 

 

ゲームセンターで長年バイトをしていたという、太田プロダクション所属のお笑いコンビ「クックロビン」の大井さんが教えてくれたのは、我々のゲームセンターに対するイメージが180度変わってしまいそうな、とんでもない裏話だった。

 

 

「ここを狙ってね!」は嘘

「これは裏技というか、言えるか言えないかのレベルの裏話になってしまうんのですが、クレーンゲームって「アームがここまで動きます」っていう表示があるじゃないですか?

あと「ここを狙ってね」みたいな指示。

あれは大概フェイクなんですよ。本当にそこまでしか動かないんですけど、要は(指示があれば)そこを狙いたがるじゃないですか?そうやって無駄をさせれば、その分が売上になっていくんですよ」

 

「掴む or ずらす」はもう古い。時代は「押し込む」

法律により、クレーンゲームの景品として中に入れられるものは800円までと決まっている。その為、フィギュアなどは(客が投入したお金である)8000円から1万円くらいが機械の中に入らないと取れないように設定されている。

その設定を無視して、殆どの客は(アームで)掴みたがるのだが、アームの力が弱く設定されているので、基本的には無理なのだそう。今は掴もうとする動きだけでは、ただ表面を撫でてるのと変わりないらしい。

「それは完全にお店側の思う壺なんです」と大井さんは語る。

ちなみに、今の流行は「アームで押し込む」という技術で、落として(景品を)ずらしていくのではなく、アームの先で箱を押し込んだり、潰すことで景品をゲットするのだそう。

 

機械に奇跡は起こらない

アームが3本付いていて、1、2と順番にボタンを押すのではなく、30秒の間は十字キーで好きに動かせるタイプのクレーンゲームをご存知だろうか。あるいは、棒や板を押し込んで穴に入れるタイプの、景品が落ちてくるゲーム。

「あれは、一定の金額に達するまで、絶対に入らないんですよ」と大井さん。

店側が「1万円入ったら取れるようにしよう」と設定したら、(投入額が)一万円を超えると、押した通りに動くのだが、それまでは、止まったフリをしてちょっとずれて穴に入らないだとか、アームの力が上がるにつれてどんどん弱くなっていき、空中で落としてしまう、みたいな仕掛けになっているのだそう。

 

 

記事提供:オモプラッタ

 

オモプラッタ Facebook
オモプラッタ Twitter








この記事に関するまとめ