<ラグビーW杯:スコットランド45-10日本>1次リーグB組第2戦/23日(日本時間24日)/イングランド・グロスター

強豪スコットランドと対戦した日本代表は序盤からミスが目立つ形で、終始劣勢に。後半、五郎丸歩選手のPGにより2点差まで詰め寄るものの、日本代表は45-10でスコットランドに敗れた。

日本代表は、10月3日第3戦でサモア、10月11日第4戦でアメリカと対戦する。グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出できる。

決勝トーナメントへ向けて、日本代表の真価が問われる戦いが続く。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:スポニチ/日本、スコットランドに敗れる…初の大会2勝ならず、1勝1敗に
参照:日刊スポーツ/ラグビーW杯イングランド大会
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ