映画のなかのあるシーンが、ほかの映画にはさみこまれている、ということを聞いたらどうだろう?

そのストーリーにそって必要なだけ、一からつくりあげられたシーンの連続だと思われているかもしれないが、現実には予算やスケジュール、そして制作サイドの思惑などにも影響されている。作品として完成し上映された映像が用いられることもあるのだ。

あなたが見た映画にも、そんなふうに切り貼りされたシーンがあったのかもしれない。なぜなら、こんなメジャーな作品で起きていることなのだから。

 

 

画像出典:YouTube(Screen Rant)

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』と『アイランド』、どちらもマイケル・ベイ監督。カーチェイスから、ロボットチェイスへ。
 

画像出典:YouTube(Screen Rant)

『スター・トレックVI 未知の世界』と『スター・トレックVII ジェネレーションズ』。
 

画像出典:YouTube(Screen Rant)

『ダーク・エンジェル』と『ヒットマン』。
 

画像出典:YouTube(Screen Rant)

『ビルとテッドの大冒険』には『戦争と平和』。
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Screen Rant)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ