6月15〜19日に、東京体育館で行われた卓球の大会「ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016」の試合で、中国の選手から決して打ち返せない魔球が放たれた。

試合は準々決勝、ファン・へンドン(中国)vsゴジ・シモン(フランス)の第5ゲーム。ファン選手のサーブをゴジ選手がネットに引っ掛けながらも返球。

ファン選手が拾いに行く。この時、魔球が生まれた!

 

 

落ちる球へラケットを伸ばすと、球は台の上ギリギリに滑りこみ! 

低空の魔球ショットに、対するゴジ選手も呆気に取られている。

会場を震わせたファン選手は、この試合に勝利。続けて準決勝、決勝を制し、見事に初優勝となった。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Official ITTF Channel)
関連:ラオックス卓球ジャパンオープン荻村杯2016
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ