1978年に放送された、堺正章さん主演のドラマ『西遊記』。

リアルタイムで観ていた世代にとって、このドラマは「罪深かった」というツイートが話題になっている。

どういうことだろうか、ご覧ください。
 


 

孫悟空役に堺正章さん、三蔵法師役に故・夏目雅子さん、猪八戒役に西田敏行さん、沙悟浄に岸部四郎さんら、見事な配役

キャスティングも音楽も『西遊記』といえば、この時のドラマが一番しっくりくる人は多いのではないだろうか。

これ以降のキャスティングが納得のいくものにならなくなった、そういう意味で「罪深かった」というのだ。

Twitterでは共感の声が多くあがった。

 

 

まさに奇跡のキャスティングだった。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ