日本テレビの放送で、安倍晋三首相の発言をテロップで改ざんしたとして、ネットを中心に炎上。番組内で謝罪する事態となった。

問題になったのは3月13日の放送でのテロップだ。

日本テレビで放送されたニュースでは、「安倍首相“選挙のためだったら何でもする”」とある。選挙のためには手段を選ばずに戦うという安倍首相の発言かと思いきや・・・。

 


3月13日の自民党の党大会での発言で、実際は「選挙のためだったら何でもする誰とも組む。こんな無責任な勢力に私たちはみなさん、負けるわけにはいかないんです」というもの。

つまりは野党側の連携を批判した内容だったのだ。テロップとは意味合いは真逆である。

ネット上では炎上騒ぎとなっていたが、日本テレビは『Going! Sports&News』で謝罪を行った。
 

ただし、この修正にも改行位置がおかしいため、結局誤解されたままだというツッコミが入っている。

見出しは文字数に制限があるため、誤解を招く表現になることはあるが、180度違う発言になっているのはさすがに悪意を感じてしまう。なるべく事実に即して報道していただきたいところだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:日テレNEWS24/安倍首相 参院選にむけ民主党などに対抗心
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ