登場当時から、その独特な見た目やパフォーマンスで、世界中の反響を呼んだ千葉ロッテマリーンズの公式キャラクター『謎の魚』が所属会社から解雇されていた。

その解雇通知が面白すぎると話題に!

そのツイートがこちら。

 


 

解雇理由が“やんちゃすぎる”だとは・・・!

たしかに今までの“形態変化”や“ハワイ出張”など、数々のやらかしたことを考えると解雇されるのもわかるかも・・・?

退社自体は、円満だったそう。

しかし、そのあとの姿に哀愁が漂っていた。

 


 

どこか悲しげである・・・。

謎の魚は球団を通して「私の座右の銘に『果報は寝て待て』というものがあります。関係者諸君はなかなか売れないと焦っており、叩き売りをする寸前でした。ただ、それを私がストップをかけました。やはり正解でしたね。私は絶対に勝つ戦以外、興味はないのです。グフフフ」とコメントしている。

しかし、実は次のスポンサーは介護施設などを展開している株式会社七夢に決定している。

2018年に“357(サカナ)万円”で売りに出されて以来、買い手がつかない状況だったのだ。

それが、今回、七夢の代表の目に留まり、叩き売り寸前に無事に次の所属会社が決まったということだ。

シーズン中はZOZOマリンスタジアム横のマリーンズショップにいるそうなので、気になる方は足を運んでみてはいかがだろうか。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ