ラスボスの愛称でも知られる歌手の小林幸子が、ボカロP“doriko”の『ロミオとシンデレラ』をカバーしたミュージックビデオを公開した。

この楽曲は2009年にニコニコ動画で発表され、500万回を超える再生数を誇る“doriko feat.初音ミク”の代表曲。

小林幸子のMVは、dorikoのベストアルバム『doriko BEST 2008-2016』のPRに合わせて公開されたもので、同アルバムは初音ミクの誕生日である8月31日に発売される。

 

 

MVでは小林がシンデレラに憧れるボーカロイド・初音ミクを演じ、オリジナル動画で使用されたリンゴを手に持つ印象的なイラストを再現している。

しかしその衣装は真っ赤な和服で、全編を通して“和”を意識した印象だ。

映像にはdoriko本人がチラリと登場する他、オリジナル動画のイラストでは謎のままだった男性の腕の正体として、とあるオリンピアンが登場する。

 

画像出典:YouTube(doriko Official YouTube Channel)

それがオリンピックメダリストであり、現在はタレントとしてマルチに活動する柔道家の篠原信一である。

ラスボスとメダリストという意外な共演が実現した、笑撃のラストにも注目したい。

なお『ロミオとシンデレラ』のオリジナル曲は、下の動画で確認できる。

 

 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(doriko Official YouTube Channel)
参照・画像出典:YouTube(世界のヤミ)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ