3月3日、西日本新聞に掲載された同人誌図書館開設のニュースに、承諾なしに置くのか、と波紋が広がった。
 

同人誌図書館が開設されるのは、福岡県鞍手町の旧中学校舎。報道では、昨夏から福岡市の企画会社とともにコスプレイヤー向けのイベントを開催してきた鞍手町が、旧校舎の図書室を改装しアニメや漫画の同人誌約2500冊を収蔵する予定であり、蔵書の英訳も進め海外のアニメファンも呼びこむ狙いだとした。

これに対して、冒頭のツイートを筆頭に同人誌が許可なく図書館に置かれてしまうのか、といった懸念が広がった。

多くの動揺の声を受け、現在「くらて学園」サイト上にて説明が掲載されている。

 

画像出典:くらて学園

西日本新聞にて掲載された記事に関しまして

本日掲載されました西日本新聞の記事に関して多大なご迷惑をお掛け致しました。

同人誌の作家さんたちから、将来漫画家に育っていただけるような支援が出来る環境をインキュベーションで行って参ります。
そして 、そうした作家さんたちの作品を買い取り図書館に陳列いたします。

というのが真意だったですが、趣旨が上手く伝わらず新聞掲載されました。
みなさまには、ご迷惑ご心配をお掛け致しました。誠に申し訳御座いません。

引用:くらて学園

 

あくまで、同人誌作家が将来の漫画家へと育つ環境づくりに努める一環だということで、無断で収蔵していくという性格のものではない、ということのようだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:くらて学園/西日本新聞掲載記事に関して
参照:西日本新聞/旧中学校舎に同人誌図書館 アニメや漫画、2500冊 [福岡県]
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ