日本では2010年に公開されたSF映画『第9地区』。

地球に難民としてやってきたエイリアンと、それを抑圧する人類との対立を斬新なドキュメンタリータッチで描きアカデミー賞にノミネートされるなど、その独特な作風で話題をさらった映画だ。

 

 

そしてこの『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督の新作短編映像『Conviction』が現在公開され話題になっているという。

『Conviction』はカナダのゲーム開発スタジオ“BioWare”が手がけるアクションRPG『Anthem』の世界観をベースにし、オリジナルストーリーをつけた『Anthem』の予告編動画なのだという。

早速観てみよう!

 

 

思わずこの実写動画の本編が観たくなる程の、完成度の高い予告編!

ブロムカンプ監督は2017年より『Conviction』のような新作短編映像をYouTubeで次々に公開しているのだそう。

「こんなすごいゲーム予告編は見たことがない」とコメントが寄せられているほど、ゲームの予告編とは思えないクオリティである。

新作長編映画が実に待ち遠しい!

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(シネマトゥデイ)
参照・画像出典:YouTube(Oats Studios)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ