あなたはモスキート音をご存知ですか?
モスキートとは、夏の季節に耳元でブ~ンと飛び回っている…そう「蚊」のことです。
蚊の羽音のようにキーンと不快な音から、モスキーン音と呼ばれるようになりました。

 

モスキート音ってなに?

17キロヘルツ前後の高周波音のことで、蚊の羽音のようなキーンという不快な音からこう呼ばれています。
一般的に人間が聞き取れる周波数は、高い音で20万キロヘルツ、低い音で20キロヘルツといわれています。
個人差はありますが、20代前半までの若者にはよく聞こえ、老化にともない高い周波数の音を聞き取りにくくなります。

 

レベル別 耳年齢診断!

このモスキート音がどのレベルまで聞き取れるかで、あなたの「耳年齢」が分かります。
あなたの身体は若いままでしょうか? それとも老化していますか?

 

レベル1 13kHz 41 ~ 50歳くらい

レベル2 15kHz 31歳 ~ 40歳くらい

レベル3 16kHz 25歳 ~ 30歳くらい

レベル4 18kHz 18歳 ~ 24歳くらい

レベル5 20kHz 13歳 ~ 17歳くらい

レベル6 21kHz 聞こえたら人間ではない

 

モスキート音はセキュリティシステムだった

モスキート音を出す音響機器「モスキート」は、深夜に店の前などにたむろする若者たちに不快音を聞かせて退散させるために、2005年イギリス・ウェールズのハワード・ステープルトンによって開発されました。
この発明により、ステープルトンは06年にイグノーベル賞を受賞しています。

また欧米ではモスキート音が大人に聞こえないことを逆手に取って、授業中に教師に気づかれずに携帯を使うため、着信音として利用する若者もいるそうです。

イグノーベル賞とは?

1991年にノーベル賞のパロディーとして創設された賞である。

人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究
引用:Wikipedia/イグノーベル賞

本家のノーベル賞とは違った、ユニークで幅広いジャンルのものが受賞をしている。
その中でも日本イギリスは受賞常連国で、現在までに「たまごっち」や犬翻訳機の「バウリンガル」など、多数の受賞者をだしている。

モスキート音も常連国イギリスのハワード・ステープルトンによって開発されイグノーベル賞 平和賞を受賞している。

 

日本でも商業施設や自治体に導入

2009年5月21日、東京都足立区の区立北鹿浜公園にモスキート音を出す装置を試験的に設置し、若者たちの非行や施設の破壊行為防止に役立てられました。
この試験導入はテレビ・新聞で大々的に取り上げられ、他自治体から注目を集める試みとなりました。

 

まとめ

モスキート音は耳年齢診断だけでなく、若者によく聞こえるという性質を活かし、自治体や商業施設の治安対策に取り入れられています。
「私の耳年齢っていくつ?」と疑問に思ったら、ぜひ診断してみてはいかがでしょうか。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:コトバンク/モスキート音
参照:スタジオラグへおこしやす/モスキート音で耳年齢をチェック!
参照:Wikipedia/モスキート (音響機器)
参照:THE PAGE 東京/「モスキート音」で安全な公園を取り戻す 東京・足立区が試験導入した秘策
参照:Wikipedia/イグノーベル賞
参照:Wikipedia/イグノーベル賞受賞者の一覧

参照:BUZZHOUSE
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

バイレーツをフォローすると、新着記事や新着動画が届きます!
☆Facebookページ☆
☆Twitter☆
☆YouTubeチャンネル登録☆

バイレーツの無料アプリはこちらからダウンロードできます。
「シェアしたくなるニュース」をサクッとチェック!
  ☆ViRATESアプリ☆


この記事に関するまとめ