病弱な自分を恨みつつ、家族のピンチをベットの上から眺めていたアルフレッド・ノーベル少年。

後にノーベル賞の由来となる彼が、その時思いついたのは・・・。
 


 
それは、ダイナマイトである。

ちなみに本物のノーベル氏がこの爆薬の発明に成功したが1866年。

彼が33歳のときである。

その破壊力と安定性から民間から軍関係まで売りに売れ、苦労人から一転、一躍大富豪となった。

一方、ダイナマイトが様々な理由で多くの死人を出していたことから、世間では「死の商人」として認識されており、その事実が彼をあの「」の設立へと突き動かしたのだといわれている。
 

■Twitter上の反応

 


 


 


 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ