宮城県、太平洋沿岸に位置する女川町。
 
 

こちらで開催中の女川ポスター展、その一枚一枚がいろいろみなぎっています!
 
 


 

河北新報社「今できることプロジェクト」と、以前ViRATESでもお伝えした、大阪の商店街ポスターを展開した電通関西支社のコラボ企画。
 
 

この愉快で味のあるポスター制作が、今度は被災地の女川で実現しました。
 
 

東北のクリエイターを中心に、約60名が一店ごとに数枚ずつ作成。
 
 

店主の個性やストーリーをくんだポスターは、この地で多くの命や商売の場を失い、姿形が変わりながらも商いをされる今が伝わる仕上がりに。その数42店舗、計200枚超え。
 
 

ポスター展の期間は5月31日まで。東京でも3月5、6日丸ビルにて開催の「丸の内東北応援フェア『マル・デ・ミヤギ』」にて展示されます。
 
 

このセンス、刺さります!
 
 


 
 


 
 

 
 

画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)

 
 

画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)

 
 

画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)

 
 

画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)
画像出典:Twitter(@utahkah)

 
 


 
 


 
 


 
 


 

 
 


 
 


 
 


 
 



 
 


 
 


 
 


 
 



 
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:河北新報社 今できることプロジェクト 公式サイト
参照:女川さいがいFM/おながわなうインタビュー 「女川ポスター展」特集
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 








この記事に関するまとめ