ニュージーラン・ウェリントン市立美術館の屋上に謎すぎるオブジェが登場しました。

美術館のアート作品と言えば洗練されたものを想像するかもしれませんが、このオブジェは人間の顔をした手が仁王立ちしているというもの。

オブジェを見た人からは「不気味すぎる」「恐ろしい」などの声が上がっているそうです。

これはアーティストのロニー・ヴァン・ハウトさんが手掛けた作品。

それにしても通勤途中に見かけたらビックリしてしまいますね。

 


ネットの反応


・旦那がめっちゃ食いついてたw
・ちょっとドナルド・トランプ米大統領に似てる気がする
・泣いちゃった
・インパクトって好きだなあ
 

ViRATES編集人
結構面白い。

 
画像出典:ぱくたそ

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ